自分を見失わないでください


平成の終わりころから令和にかけ、
時代の流れが速くなっているような気がします。

世の中がどんどん変わり始めているのですね。

数年前までは時代の最先端だったものが、
今となっては後退してしまっている。

そんなことが目の前で起こっていますね。


例えば音楽などは、
あまりに流れが速すぎて追い付いていけないくらいです。

平成に入ったばかりの頃は、
音楽と言えばCDが最盛期でした。

売上もミリオンは当たり前。
ダブルミリオンなんて言われ方もしましたね。

しかしiPodの登場で、
大量の音楽を端末に入れて持ち歩くことがおしゃれになりました。
CDは買わなくてもレンタルで、の流れになりましたね。


それがいつしかダウンロードの時代に変わります。

レンタルはそこに行かなければ借りられません。
ダウンロードは好きな曲1曲だけが可能になります。

ダウンロードは好きな時に好きな時間に、
深夜だろうがいつでもどこでもダウンロードができ
好きな曲だけ買う時代が来たのがついこの間のような気がします。


しかしすでにダウンロードも減少傾向です。
ストリーミング配信が主流となったとたんに、
今度はサブスクリプション。

月額を支払えば音楽聞き放題のサービスです。
Apple MusicやSpotifyなどが人気なのでしょうか。

Apple Musicなんかはダウンロードしておけば、
ネットに繋げなくても聴くことができるので、
WIFI環境でない時でもデータ通信料を気にする必要もありません。


このサブスクリプションサービス、日本では遅れていると言われていました。
しかし大物アーチストがどんどん解禁し始めています。

この流れ、一気に進みそうです。
(つい最近サザンが全曲解禁しましたね)


私も遅ればせながらApple Musicを始めました。

音楽を良く聴く私にとって、もうそれはそれは便利です。
レンタルショップに行かなくなるだろうなと思います。


たった10年での出来事です。

この10年ほどでCDは売れなくなり、
定額で大量の音楽をiPhoneなどでいつでもどこでも聴ける時代に変わりました。

流行の流れはあまりにも早いです。



その流れに乗っておくことは大切です。

でも焦る必要もない事も事実です。

音楽がそうなったとしても、別に何も困らないです。

サブスクリプションになって便利だと思えればそれに乗ればいいし、

好きなアーチストのCDは持っていたいのであれば、買えばいいです。


要は、自分はどうしたいのかが大切です。



トレンドの流れに乗り遅れまいと、
自分を見失うほどにあくせくして、
心の余裕をなくなってしまうのはよろしくないです。


心の余裕をなくしている時ほど、

よくない事が起こりやすいです。

時代の流れを見極めましょう。

(絹村幸司 著)

自分を見失わない


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)