一人で抱え込まないで



苦しい時、誰かの助けを借りようとすることは悪いことでしょうか?


「こんなことを人に相談してもいいのだろうか?」と

不安や悩みからくる苦しみを誰にも打ち明けられずに

たった一人で抱え込んでしまう。


そんな人が現実はとても多いのです。


誰かに相談することは恥ずかしいと、

ずっと一人で抱え込んでしまうことのほうが苦しいのです。


こんなことを相談してもいいのだろうか、という思い込みが、

あなたを苦しみから抜け出せなくさせているのです。


このように誰かに相談することは悪いことと思ってしまう人は、

真面目な性格の人の多いことを感じます。



自分の手でなんとかしなくてはならないという

厳しさを持った人に多いことを感じます。



結論を言うと、

一人でなんとかしようとは思わないことです。

誰かに相談することは恥ずかしいと思わないことです。


一人でなんとかできないと感じた時点で、

信用できる人に相談すればそれだけ早い解決に向かいます。


今感じている苦しみからいち早く抜け出すことができます。


真面目な人は自分でなんとかしようとします。

その経験・体験はその後の人生に大きな財産となって残ります。


しかし、

今そこから抜け出そうとして苦しんでいる時は、

誰かの助けを借りて、

まずは抜け出すことを考えましょう。


人に頼ることは自分の苦しみから逃げ出すこと。

そんなふうに考えないで、

誰かの助けを借りて、いち早く脱出し心を楽にする、と

考えてみてください。





LINEでお友達になっていただいた人だけの特典あり!
絹村美代子LINE公式アカウント
お友達登録をお願いします

友だち追加

またはID検索 (ID:@751xjuhe)でお願いします








この記事が面白いなと思っていただけたら、どうかシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)